阿蘇の新築・有限会社安方工務店

の口コミ情報

在来工法を用いた木造の新築を建てるなら阿蘇の工務店へ

南阿蘇・高森エリアのお客様から多数口コミをいただいております。一般住宅の新築・リフォームだけではなく、集合住宅や福祉施設など、阿蘇で活躍する様々な建設物に携わってきました。私たちの工務店と関わる機会が多く、お客様からは厚い信頼を得ております。

最初の設計はもちろん、その後のアフターケアも充実しており、安心できる住環境づくりが可能であると話題です。好評を得ている工務店で、新築やリフォームをご検討してみてはいかがでしょうか。

こだわりの材木を使用した建物で落ち着いた住空間をご提供

建築をする際に使用する木材というのはとても重要です。阿蘇で活躍する工務店で新築やリフォームを行う際には、職人が厳選してきた熊本県産の立派な丸太を使用します。自社の製材所があり、そこですべての加工を行っていきます。下請けに頼むことなく、自身で行うことができるため、高品質な技術かつ低コストで住まいづくりをご提供することができます。

住まいの心地よさに最大限にこだわり、良質な材木をふんだんに使用しています。下地材から仕上げ材まで、外壁・縁甲板・壁板・天井板を十分に活用した家づくりを行います。(合板および建材使用時には、特級クラスのものを使用いたします。)天然木のムク材を使うことによって、自然が持つ落ち着きと深みのある住空間を造りだし、心と身体も優しく落ち着いた雰囲気をご体感できる住宅を、造りだすことができるでしょう。皆様のご利用を心よりお待ちしております。

伝統的な建築法と自社の製材所で作る材木で自慢の家づくり

日本古来より受け継がれた在来工法という建築法を用いた工務店が、阿蘇地区の新築やリフォームに携わります。柱と梁を組んで家の骨組みを作り、地震や風などの水平方向にかかる力に対しては筋交いや耐力壁で耐震性を出します。メリットとしては、間取りが自由に取ることができ、大きな窓をつけることが可能なので開放的な造りが可能です。そのことによって、増築や減築など間取りの大きなリノベーションにも柔軟に対応することができ、レイアウトの自由度が高い工法とも言えます。

この工法は、高度な技術を必要としているため、人件費や工費がかかると言われておりますが、下請けに頼むことなく自社の熟練した職人ですべてを請け負うため、コストを削減しつつ、上質な技術を使った家づくりを行うことができます。一から責任を持ってすべてに関わる工務店として、地域のお客様から信頼を集めております。

いつまでも快適に生活できるような住環境をご提案いたします

私たちは自然豊かな阿蘇のふもとで新築やリフォームをお考えのお客様に向けて最適なサービスのご提案をいたします。ただいまの課題として、「100年住める住宅」を目指して日々努力と研究を重ねております。詳細としては、建物内のバリアフリー化です。一般住宅だけではなく、福祉施設などの建築にも多数携わってきました。デイサービス施設や高齢者向け介護付き住宅ではバリアフリーは必須となります。車いすでの出入りがしやすくなるような工夫や、部屋に光を多く取り込めるような設計を心掛けております。

また、耐震性や耐久性にも配慮しております。途中でのリフォームなどの補強工事は必要となりますが、年数を重ねても安心して住むことができるように丈夫な家になるような造りも研究を重ねております。お客様に安心して生活を送っていただけるような工夫がたくさん施されておりますので、ぜひ私たちにお任せください。